在留特別許可数半減:収容・仮放免申請・不法滞在オーバーステイの特別在留許可のメール相談 入管.com  SiteMap

HOME > 在留特別許可数半減 > 在留特別許可数半減

在留期間更新許可申請

在留特別許可が半減 

2009年に在留特別許可ガイドラインで要件緩和も、許可件数半減

  不法滞在など強制退去の対象となる外国人に、法相が裁量で日本在留を認める「在留特別許可」を受けた人が、2009年は4643人と、前年からほぼ半減したことが24日、法務省の統計で分かった。


 在留特別許可は日本人の配偶者や、日本国籍を持つ子の親に対して出ることが多く、国際結婚の増加などから1990年代以降に急増。だが不法滞在者の減少を背景に、04年の1万3239人をピークに減る傾向で、08年は8522人だった。


 法務省は09年7月、在留特別許可のガイドラインを改定。日本人の配偶者らでなくても、日本で生まれ10年以上在住している小中学生がいる家族などは、許可する方向で検討すると表明した。


 子どもが小学生以下の場合は従来、帰国しても適応できるとされ、強制退去させられる例がほとんどだったため、改定は基準緩和と一部で受け止められていたが、実際には許可数は激減した。

(共同通信調べ)

在留期間更新許可申請在留期間更新許可申請
着手金:100000円から(税別)
(残金は成功時後払い)

ページの先頭へ

在留許可帰化ビザ入管家族関係ビザ申請

在留許可帰化ビザ入管定住・帰化永住申請

在留許可帰化ビザ入管オーバーステイ相談

在留許可帰化ビザ入管就労関係ビザ申請

在留許可帰化ビザ入管取扱業務の一覧

ページの先頭へ

在留ビザ許可申請
在留許可申請ビザ
メール相談料24時間受付中 在留許可申請の事なら、お気軽にご相談ください

ビザ在留

在留ビザ許可申請
ビザ許可在留申請
受付専用ダイアルにお電話ください 許可申請の問い合わせ年中無休24時間受付

在留ビザ

当日面談相談可能エリア (記載エリア外も全国対応します お気軽に)

東京入管管内
東京都千代田区,中央,港,新宿,文京,台東,墨田,江東,品川,目黒,大田,世田谷,渋谷,中野,杉並,豊島,北,荒川,板橋,練馬,足立,葛飾,江戸川 ,八王子,立川,武蔵野,三鷹,府中,調布,町田,日野,国分寺,国立,福生,狛江,多摩,稲城,あきる野,西東京
横浜支局管内
神奈川県横浜市・鶴見区,神奈川,西,中,南,港南,保土ケ谷,旭,磯子,金沢,港北,緑,青葉,都筑,戸塚,栄 川崎,平塚,藤沢,茅ヶ崎,大和,海老名,座間,綾瀬,横須賀,鎌倉,逗子,三浦,葉山町,相模原,厚木,伊勢原,愛川町,大井町
川崎出張所内
神奈川県川崎市・川崎区,幸,中原,多摩,宮前,麻生,東京都町田,狛江,多摩,稲城

東京入管
行政書士法人新日本国際法務 Blog
 
大阪入管
行政書士法人新日本国際法務 大阪オフィスWEB
 
在留許可申請
行政書士法人新日本国際法務 決済用WEB