再入国許可申請とは?:在留許可申請や、配偶者ビザ・就労ビザ、帰化許可申請の情報サイト オーバーステイ・特別在留のメール相談 入管.com SiteMap

HOME > 収容時の仮放免申請 > 仮放免申請とは?

仮放免申請

収容時の仮放免申請とは? 

収容施設を出て家に帰る方法 

  収容された外国人は、収容令書による収容期間は最長60日間になり、そのご退去強制令が出た後も、出国するまでの間はそのまま継続して収容され続けることになり、現に1年以上という人も相当数いるようです。この収容中に、一定の制限の下、収容者を施設から出す制度を仮放免といいます。
  収容令書又は退去強制令書により身柄を収容されている外国人は、入国管理局へ「仮放免申請」を行う事で、一時的に収容を停止する手続きを進めることが認められています。
 仮放免申請は、収容されている者、その親族又は代理人により入国管理局に対して、所定の書式と下記の物を添付して申請します。
 この際に保証金(平均5~30万円・最高で300万円)を積み立てることが必要になります。保証金は、本人が出国した場合や、在留特別許可が認められた場合には返還されます。
 放免の期限は1ヶ月ほどになり、その都度入管へ出頭し、期限を更新してもらいます。
 また、また、収容による疾病など、健康上の理由からの仮放免も認められる場合があり、この時には医師の診断書が必要となります。

仮放免申請と添付書類

・放免許可申請書
・仮放免許可申請理由書
・本人作成の誓約書
・本人の写真(5×5cm)4枚
・見取図(最寄り駅から住居までの地図)
・身元保証書(身元保証人は日本人配偶者)
・身元保証人の誓約書
・身元保証人の住民票
・身元保証人の収入、資産を証する書類
 ※あくまで最低限の必要書類です

ページの先頭へ

在留許可帰化ビザ入管家族関係ビザ申請

在留許可帰化ビザ入管定住・帰化永住申請

在留許可帰化ビザ入管オーバーステイ相談

在留許可帰化ビザ入管就労関係ビザ申請

在留許可帰化ビザ入管取扱業務の一覧

ページの先頭へ

在留ビザ許可申請
在留許可申請ビザ
メール相談料24時間受付中 在留許可申請の事なら、お気軽にご相談ください

ビザ在留

在留ビザ許可申請
ビザ許可在留申請
受付専用ダイアルにお電話ください 許可申請の問い合わせ年中無休24時間受付

在留ビザ

当日面談相談可能エリア (記載エリア外も全国対応します お気軽に)

東京入管管内
東京都千代田区,中央,港,新宿,文京,台東,墨田,江東,品川,目黒,大田,世田谷,渋谷,中野,杉並,豊島,北,荒川,板橋,練馬,足立,葛飾,江戸川 ,八王子,立川,武蔵野,三鷹,府中,調布,町田,日野,国分寺,国立,福生,狛江,多摩,稲城,あきる野,西東京
横浜支局管内
神奈川県横浜市・鶴見区,神奈川,西,中,南,港南,保土ケ谷,旭,磯子,金沢,港北,緑,青葉,都筑,戸塚,栄 川崎,平塚,藤沢,茅ヶ崎,大和,海老名,座間,綾瀬,横須賀,鎌倉,逗子,三浦,葉山町,相模原,厚木,伊勢原,愛川町,大井町
川崎出張所内
神奈川県川崎市・川崎区,幸,中原,多摩,宮前,麻生,東京都町田,狛江,多摩,稲城

東京入管
行政書士法人新日本国際法務 Blog
 
大阪入管
行政書士法人新日本国際法務 大阪オフィスWEB
 
在留許可申請
行政書士法人新日本国際法務 決済用WEB