在宅案件の在留特別許可とは?:収容・仮放免申請・不法滞在オーバーステイの特別在留許可のメール相談 入管.com  SiteMap

HOME > 収容案件の在留特別許可 > 収容案件の特別在留許可

収容案件の在留特別許可

在留特別許可収容案件とは?

入管等に摘発され、収容中に退去手続内で在留特別許可を求める場合を「収容案件」と呼んでいます

 特別在留許可の件数は、前世紀末から今までの間に、2・3倍増と着実に件数が増えてきました。それに伴い、定型的な「日本人家族たる不法滞在者」という在留特別のステレオタイプなケースから、いろんな事例・先例が増えてきています。
 在留特別許可は、大きく2系統に別れ、

①自ら入管に出頭し在留特別許可を求める(在宅案件)
②収容されてしまったので、やむなく在留許可を求める(収容案件)

当然、②の場合は印象も最悪で、許可も難しい案件です。ですが、これをとらなければ「退去強制」です。

収容されたら、直ぐに連絡ください 手遅れになる前に

 収容案件では、ご自身で手続きを取っても、殆ど無駄です。理由は単純に、収容された人の言葉を殆ど重要視してくれないという事になろうかと思います。ここまで状況を悪化させてしまった人が今更何かを言っても・・・そいういう印象が残念ながら根底にあるようです。簡単に言えば不信感という事になります。
 このような逆境の中で、必要な書類をごくごく限られた約2ヶ月の期間ににいくつも提出し、何度も交渉し、やっとの事で認めて貰えるというもの。それが「収容案件」になります。タイムアップになってしまうと、手続き中でも退去強制令処分をなってしまうのです。

この場合は、ご近所の専門の行政書士に相談すること!必ずです!

参考:収容されたら?

ページの先頭へ

在留許可帰化ビザ入管家族関係ビザ申請

在留許可帰化ビザ入管定住・帰化永住申請

在留許可帰化ビザ入管オーバーステイ相談

在留許可帰化ビザ入管就労関係ビザ申請

在留許可帰化ビザ入管取扱業務の一覧

ページの先頭へ

在留ビザ許可申請
在留許可申請ビザ
メール相談料24時間受付中 在留許可申請の事なら、お気軽にご相談ください

ビザ在留

在留ビザ許可申請
ビザ許可在留申請
受付専用ダイアルにお電話ください 許可申請の問い合わせ年中無休24時間受付

在留ビザ

当日面談相談可能エリア (記載エリア外も全国対応します お気軽に)

東京入管管内
東京都千代田区,中央,港,新宿,文京,台東,墨田,江東,品川,目黒,大田,世田谷,渋谷,中野,杉並,豊島,北,荒川,板橋,練馬,足立,葛飾,江戸川 ,八王子,立川,武蔵野,三鷹,府中,調布,町田,日野,国分寺,国立,福生,狛江,多摩,稲城,あきる野,西東京
横浜支局管内
神奈川県横浜市・鶴見区,神奈川,西,中,南,港南,保土ケ谷,旭,磯子,金沢,港北,緑,青葉,都筑,戸塚,栄 川崎,平塚,藤沢,茅ヶ崎,大和,海老名,座間,綾瀬,横須賀,鎌倉,逗子,三浦,葉山町,相模原,厚木,伊勢原,愛川町,大井町
川崎出張所内
神奈川県川崎市・川崎区,幸,中原,多摩,宮前,麻生,東京都町田,狛江,多摩,稲城

東京入管
行政書士法人新日本国際法務 Blog
 
大阪入管
行政書士法人新日本国際法務 大阪オフィスWEB
 
在留許可申請
行政書士法人新日本国際法務 決済用WEB