入管.com:東京入国管理局等への在留許可申請や、配偶者ビザ・就労ビザ、帰化許可申請の情報サイト オーバーステイ・在留特別許可メール相談 報酬クレジットカード分割払 SiteMap

在留許可帰化ビザ入管
 本邦にて、「商用目的の業務連絡、 会議、商談、契約調印、アフターサービス、宣伝、市場調査等」など、様々な目的での短期滞在に必要です。
 他にも、観光ビザ、親族訪問ビザ、単に短期ビザとも呼んだりします。本邦に短期間滞在して行う観光、保養、スポ―ツ、親族訪問、見学、講習又は会合への参加、業務連絡その他これらに類似する活動の為の在留資格です。

在留許可帰化ビザ入管

国・短期滞在の申請時必要書類・地域別

特にマイナーなケースのみ記載しております
その他主要国の短期滞在ビザについては、お気兼ねなく相談ください

在留許可帰化ビザ入管家族関係ビザ申請

在留許可帰化ビザ入管定住・帰化永住申請

在留許可帰化ビザ入管オーバーステイ相談

在留許可帰化ビザ入管就労関係ビザ申請

在留許可帰化ビザ入管取扱業務の一覧

観光や家族訪問での短期滞在をする資格

短期滞在ビザとは?

就労を目的としない一時滞在の為のビザです

 日本を観光したり、親族を訪問したりする短期ビザは、あくまで一時的な滞在を目的とします。なので、他のビザへの変更は制限されていますし、何よりも日本国内での就労は禁止されることになります。

 今日的には、「ビザ免除措置」でこのビザが不要になるケースが多くあります。
 日本国と深く関わりあう国で、このビザ免除措置がまだない国に中国があり、中国の方が日本に一時滞在する場合に、このビザが問題になる場面が多くあります。

基本的には短期ビザから他のビザへは変更できません

 短期滞在ビザという性質から、運命的にこの在留資格から、他の在留資格に変更を行い、日本に滞在し続けることは、原則的には認められず、「やむを得ない事情」がある場合に限って認められます。たとえば、単に「日本人と入籍の手続きをとった」というだけでは、配偶者ビザへの変更は難しくなるはずです。フィアンセを日本に呼んでから、日本国で婚姻をしてビザ変更をしたいと考える場合には、必ずご相談ください。

 本記は、WEBに記載する為の一般的ケースを限定した表記です。具体的・例外的事案を念頭においていません。
 具体的ケースでの、ご不明点はお問い合わせください

ページの先頭へ

在留ビザ許可申請
在留許可申請ビザ
メール相談料24時間受付中 在留許可申請の事なら、お気軽にご相談ください

ビザ在留

在留ビザ許可申請
ビザ許可在留申請
受付専用ダイアルにお電話ください 許可申請の問い合わせ年中無休24時間受付

在留ビザ

当日面談相談可能エリア (記載エリア外も全国対応します お気軽に)

東京入管管内
東京都千代田区,中央,港,新宿,文京,台東,墨田,江東,品川,目黒,大田,世田谷,渋谷,中野,杉並,豊島,北,荒川,板橋,練馬,足立,葛飾,江戸川 ,八王子,立川,武蔵野,三鷹,府中,調布,町田,日野,国分寺,国立,福生,狛江,多摩,稲城,あきる野,西東京
横浜支局管内
神奈川県横浜市・鶴見区,神奈川,西,中,南,港南,保土ケ谷,旭,磯子,金沢,港北,緑,青葉,都筑,戸塚,栄 川崎,平塚,藤沢,茅ヶ崎,大和,海老名,座間,綾瀬,横須賀,鎌倉,逗子,三浦,葉山町,相模原,厚木,伊勢原,愛川町,大井町
川崎出張所内
神奈川県川崎市・川崎区,幸,中原,多摩,宮前,麻生,東京都町田,狛江,多摩,稲城

東京入管
行政書士法人新日本国際法務 Blog
 
大阪入管
行政書士法人新日本国際法務 大阪オフィスWEB
 
在留許可申請
行政書士法人新日本国際法務 決済用WEB